医師紹介

院長与田紘一郎
与田紘一郎
医学博士
日本糖尿病学会 糖尿病専門医
日本内科学会 認定内科医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本温泉気候物理医学会 温泉療法医
日本医師会認定 健康スポーツ医
日本医師会認定 産業医

略歴
国立 信州大学医学部を卒業。大阪市立大学代謝・内分泌病態内科学講座で医学博士の学位を取得後、同大学病院講師を経て、2015年6月より当クリニック院長就任。

大阪市立大学附属病院では、糖尿病・内分泌疾患(甲状腺・下垂体・副腎)・関節リウマチ・骨粗しょう症などの診療に携わり、内科全般を含めた診療を深めて参りました。

特に、生活習慣病の患者さんの、動脈硬化や脳梗塞・心筋梗塞の予防および治療について、睡眠障害(睡眠時無呼吸症候群や不眠症)、24時間を通じた家庭血圧、食生活(高塩分食・高リンなどの添加物)、運動療法などの観点から、治療経験豊富です。

学会発表・論文実績
http://researchmap.jp/diabetes2001/

a6c33f6804e868b941e1b16086afd3c5-e1595408776101
大元浩明先生 
日本小児科学会 小児科専門医
子どもの心 相談医
日本医師会認定  産業医
専門:小児科一般・発達障害・心身症

略歴
産業医科大学卒業。2007年に和歌山労災病院へ赴任し、一貫して和歌山紀北の地域総合小児医療に従事。同病院小児科部長を経て、2020年7月より当クリニックへ着任。

「小児科医は子供の代弁者」との思いから、子供様が今、何を必要としているかを把握し、ご両親へ分かりやすく伝えるように心がけてきました。

より地域に根差し、親子様の近くで診療を行いたいと考え、ふじと台クリニックへ着任しました。

クリニックでは週6日間(月曜日から土曜日まで)診療を行うことで、切れ目なくお子様の体調管理を行います。

子供の心相談医として、表情・言葉・身体(頭痛・腹痛・便秘)など心身の発達に関する悩みについての専門的な取り組みも、引き続き行います。

小児科かかりつけ医として頼られるドクターとなり得るように、お子様のこれから先、10年後を想像しながら診療してまいります。


D51_9748
与田武徳先生(非常勤)
日本消化器学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本内科学会認定内科医

略歴
和歌山県立医科大学を卒業後、同大学 消化器内科(第2内科)講座へ入局。
東京都教職員互助会 三楽病院 内視鏡センター副センター長、
和歌山労災病院 内視鏡センター長を経て、
医療法人 誠人会 与田病院 副院長就任。

内視鏡検査は1回受けるだけではその意味は乏しく、継続して受けていただくことが何よりも胃がん・大腸がんの予防になります。
年間約2500件の内視鏡検査・手術を行う中で、「また受けたい」「受けてもいい」と感じて頂ける内視鏡検査を心掛け、1人でも多くの胃がん・大腸がん患者さんを救うべく診療しています。
近隣の急性期病院とは密な連携をとっており、特に和歌山労災病院では、非常勤医として週1回の外来診療・内視鏡検査(月曜日)および夜間の救急診療のサポートを行っています。
与田真貴先生(非常勤)
医学博士
日本糖尿病学会 糖尿病専門医
日本内科学会 認定内科医
日本骨粗鬆症学会認定医