睡眠障害

「不眠症」「過眠症」「概日リズム睡眠障害」

睡眠の質や長さは、生活環境、生活リズム、恒常性をつかさどるホルモンの影響を受けます。

生活環境とは、室温、湿度、布団の固さ、枕の高さ etc.
生活リズムは、食事時間、仕事で活動する時間、入浴のタイミング、日光を浴びる時間、スマホをみるなど人工的な光刺激を受ける時間 etc.
恒常性をつかさどるホルモンとは、睡眠を促すメラトニン、深睡眠を維持する成長ホルモン、起床の準備を促すコルチゾール etc.

また、アトピー性皮膚炎による掻痒やアレルギー性鼻炎による鼻閉、心疾患や肺疾患による呼吸中枢への影響、気道狭窄による閉塞性睡眠時無呼吸症候群など、原疾患により二次的に睡眠が障害されている場合もあります。

当院では問診、睡眠日誌記録、血液検査、終夜睡眠ポリソムノグラフィ検査などで睡眠障害の原因検索を行い、個々の患者様の病状に応じた生活指導、薬物療法、持続陽圧喚起呼吸療法などで睡眠の改善を行います。

いびき・睡眠時無呼吸症候群

6482470ba0001f430f6ae3f40da61ece
54d1434ca476a9aca0084150c56a43c9
【自覚症状】
・夜間のいびきの指摘
・夜間に眼がよく覚める
・日中の倦怠感
・仕事上の不注意
・交通事故のニアミス

【リスク因子】
肥満など生活習慣病、甲状腺機能低下症など内分泌疾患

【検査】
① 簡易検査・・・携帯型睡眠時無呼吸検査
・ 携帯型の機器を貸出して、ご自宅にて行います。
・ 一晩、寝てる間だけ装着して頂ければ、結果が分かります。

② 精密検査・・・終夜睡眠ポリグラフィ検査
・ 診断や治療において、簡易検査より得られるデータでは不十分な場合は、精密検査を行います。(一泊入院での検査も差額ベッド代なしで承っています)

【治療】
睡眠時無呼吸症候群と診断された場合は、CPAP治療(マスクを介して気道内に陽圧をかけて、気道の狭窄を防ぐ治療)や歯科的治療(マウスピースの作成)などを行います。ナステント® のフィッティングも行っています。